tempodeamor

里咲りさ、Zepp DiverCityライブレポ番外編。舞台裏インタビュー。

ZeppDiverCityTOKYOで9月22日に堂々開催された『里咲りさ 全国ツアー2017 TOUR FINAL supported by 3D LIVE Revolution』。その本番直前と終了後のしゃちょーに直撃インタビューを敢行。伝説ライブの舞台裏に迫る。

TEXT/EDIT: 畑俊行
/ PHOTO: 工藤真衣子

当日のライブの模様や7月のインタビューはこちらから。

https://netmover.jp/archives/2017/09/30/17475 https://netmover.jp/archives/2017/07/07/15789

里咲りさ

リハーサル中の里咲りさしゃちょーとバンドのメンバー

本番まであと4時間。もう…誰か助けてほしい…。

物販の値札、やっぱり自分で準備するんですね。

(ハサミで紙を切りながら)ハイ! いろいろ間に合ってないんですよ。

昨日は眠れたんですか?

(首をブンブン横に振りながら)準備が全然終わらなくて...。

興奮して眠れなかったとかじゃなくて(笑)。

メールとかもやりきれてなくて…。もう…誰か助けてほしい…。

笑。

でもすでにいろんな人が助けてくれてくれました。

そうなんですね。

だから…あぁ、緊張するぅ…(と言いながらハサミで値札用の紙をせっせと切る)。

里咲りさ

午後3時、物販コーナーの準備をするしゃちょーはお疲れの様子。

緊張する暇もないぐらい忙しそうですけど(笑)。

でもいただいたお花たちを見てメチャメチャ嬉しくなっちゃいました。

いろんな方々が花を…。

出してくれました!

里咲りさ

会場の入口に入ってすぐの場所にずらりと並べられたスタンド花。

里咲りさ

2013年に今のしゃちょーと同じような状況で渋谷CLUB QUATTROのワンマンを実施し、超満員にした先駆者・大森靖子さん oomoriseiko からも。

里咲りさ

秋葉原ディアステージ DearStage からはツアーファイナルということで「完走」の文字が。

里咲りさ

タワーレコードの代表取締役社長・嶺脇育夫さん mine_ik

里咲りさ

K&Mミュージック代表でシンガーソングライターの小林清美さん kmmusic2 は「大好きだ!」のメッセージ入り。

里咲りさ

アルバム『サイン』の制作に参加した鈴木Daichi秀行さん daichi307

里咲りさ

今回のZeppワンマンへ向けた応援イベントも開催した新宿LOFT SHINJUKULOFT

里咲りさ

仲良しの絵恋ちゃん erenism 、水野しずさん 320_42 、姫乃たまさん Himeeeno 、ぱいぱいでか美さん paipaidekami

里咲りさ

度々紙面に登場しているTRASH UP!! trashup_mag や「Emotional Beat 姫ラジ」の環みほさん miho_tamaki_xxx と山口めろんさん memememelonchan 、ファン一同や全人類からの花も!

里咲りさ

ダンボールで作られたガ◯ダムふうのパネルも設置。「ご自由にお取り下さい」と書かれた横の箱にはフローエンターテイメント社歌のCD-Rがどっさり。

チケット買った人も100人ぐらいは来ないと思うんですよ。超不安なんですよ!

そういえば当日券出るそうですね。

そうなんです。でもあんまり出せないかもしれなくて…。

すごいじゃないですか! 前売りが売れたわけですね。

でもチケット買った人も100人ぐらいは来ないと思うんですよ。

そ、そんなバカな…!? 記念で買ったってことですか?

行かないけど記念で(笑)。だから超不安なんですよ!

でも今日はほかのアイドルライブもあまりないですし。

ホントですか!? みんな遠慮してくれたのかな…。

(しゃちょーに声をかけるスタッフ)そろそろリハーサル時間ですかね?

ハイ、ちょっと行ってきます!

里咲りさ

さっきまでげっそりした表情で物販コーナーにいたしゃちょーだったが、ステージに立った途端にこの表情。本番さながらに歌い上げるリハーサルを見ていると、この日に賭ける想いが伝わってくるよう。

里咲りさ
里咲りさ

演奏を務めるバンドメンバーは長嶋貴人(Dr)、友重悠(Gt)、香取真人(Ba)、鎌野愛(Key)、灘藍(Mnp/Ag)の5人。

里咲りさ

「つみき」では椅子に座り、元ハイスイノナサの鎌野愛のピアノだけをバックに歌う。

里咲りさ
里咲りさ

「里咲ラジオ」のリハーサル。膝の上にはうんこドリルも。

里咲りさ

ステージ前方、客席に設置された柵の中で「かわいた空気の夜に」を歌う。ろうそくを置くかやめるかで悩む一幕も(スタッフの助言で結局置かず)。

里咲りさ
里咲りさ

ホール中に鳴り響くGibsonの音が心地よい。

里咲りさ
里咲りさ

ステージの端から端までを小走りしながらチェック。

里咲りさ
里咲りさ

柵の内も一周しながら念入りに広さを確認するしゃちょー。

里咲りさ
里咲りさ

リハーサルにしてこの笑顔! 本番への期待は高まる。

里咲りさ
里咲りさ

およそ2時間に及んだ濃密なリハーサルは無事終了。

里咲りさ

そして開場時間の18時。客席が次々に埋まっていく。

ライブ終了。夢か、みんなで幻覚みてたかだったんじゃないかと。

ライブが終わった直後、ステージをあとにしたときの率直な気持ち。

高校受験の合格発表のとき自分の番号があるのをみて号泣したんですけど、その気持ちが1000倍になって、「よかった」だけが残る、みたいな…。なんとも言えない感覚でした。大入りの客席が今でも信じられなくて、とにかく夢か、みんなで幻覚みてたかだったんじゃないかと思ってます。

リハのときの「だってね。」ではMCで「もう二度と歌いません」と言ってましたが、本番では「かもしれません」に変化してましたね。会場がかなり盛り上がったので、それで変わったのでしょうか?

そうでしたか…!? 気づきませんでした…! でもお客さんの反応見て「ああ、大きなワンマンでは歌ったら喜んでもらえるのかな」という風には思いました。日比谷野音で「だってね。」とか最高そうですよね!

野音のしゃちょー、見たいですねえ! ライブの終盤、感謝の言葉を述べている最中に過呼吸気味になってましたよね?

過呼吸にはなかなかならないので、涙を堪えてたんだと思います。泣かないぞ! と思ってたので…。

やはり感極まったんですね。この大一番、もし点数をつけるなら…。

100点!!! よかった!!!

ですね! ではZeppへ駆けつけてくれた皆様へメッセージをください。

あの空気感を作ったのは私じゃなくて来てくれた方々だと思っています。「伝説だった」と言われる日にするためには私がこれからも音楽続けてもっと活躍することだと思ってます! 来てくださってた方々、応援してくれた方々へのお返しのつもりで、里咲りさのこれからを作っていくので、これからもよろしくお願いします!

PICTURES OF LILY

里咲りさ
里咲りさ
里咲りさ
里咲りさ

VIDEO (KILLED THE RADIO STAR)




COMING UP (LIKE A FLOWER)

http://risamusic925.wixsite.com/risa/live

里咲りさ
里咲りさのアーカイブ
https://netmover.jp/nm-archives/594a89f5c7513f6894c98744

里咲りさ
里咲りさ

https://www.youtube.com/channel/UCp4mLYFcz8XQ-0YEVQuv79A

https://twitter.com/risamusic925

RELATED 関連記事

FOLLOW US ネットムーバーをフォローする

このサイトが気に入ったならいいね!しよう

Copyright 2016 Netmover