Masaya Takigawa

15歳に見えない! 「りんねラップ」で話題の吉田凜音が見せる風格漂うコーデ術

最近Twitter上で

「りんねラップ」

というキーワードを目にしたことはないでしょうか?

Twitterを中心に大拡散され話題となった同曲。
プロデュースはライムベリー rbstko の元制作チームであるE TICKET PRODUCTION supermcztokyo

MCはラップ初挑戦の吉田凜音。

2000年生まれ、北海道出身、現在高校1年生の彼女は黒髪ボブが特徴の女の子。

地元札幌では「歌うま」で知られ

2014年、13歳でnona reeves西寺郷太Gota_NonaReevesプロデュースでデビュー。

中学卒業を期に本格的音楽活動のため上京してきました。

ラップ初挑戦とはいうもの映画ファンなら「MCファミリー」の赤ちゃん役でのラップを聴いたことがあるかも。

西寺郷太、□□□村田シゲなど腕利きメンバーとバンドMAGI(c)PEPA(吉田凜音改め)を結成するなど
次々と新しいことに挑戦し世間を驚かせる彼女は、もはや15歳とは思えないほどの風格が漂っています。

今回はそんな吉田凜音ちゃんの、

大人っぽさを引き出すコーディネートたちをご紹介したいと思います。

お気に入り〜❤???????? ふぁいやああああああ 今のLINEのトプ画????????????笑

A photo posted by 吉田凜音 (@rinne1211) on

珍しい、炎の柄のお洋服に網タイツ。

ロックテイストが光ります。

上手にまとまっているのは、派手な柄ながら他のアイテムを黒で統一したところ。
黒髪ですらコーディネートをまとめる役割にしている、とても上級者な着こなし方ですね。

????⭐????⭐????????⭐????⭐

A photo posted by 吉田凜音 (@rinne1211) on

こちらはマイケルジャクソン柄にスタジャンとクセのあるアイテム合わせですが、淡い色のデニムにトップスをインすることでスッキリと仕上げています。

高校1年生とは思えないほどのファッショナブルな着こなし

に舌を巻きます。

ピンクのお洋服なんて珍しい、と感じさせますが、

同じ色味のカラーサングラスを合わせることでクールなピンクに仕上がっていますよね。

モノトーンをベースに、パンチの効いた柄やアイテムを取り入れる
ハイセンスな着こなし術は、ぜひ真似したいテクニックです。
まだ15歳なんて、これから一体どうなってしまうのでしょうか?
音楽と共に、ファッションにも注目したいアーティスト。
吉田凜音さんをご紹介しました。

https://www.instagram.com/rinne1211/

吉田凜音

吉田凜音
2000年生まれ、高校1年生のアーティスト。北海道出身で、2014年にメジャーデビュー。
2016年より本格的な活動に専念すべく上京。
初挑戦したラップ「りんねラップ」が再生回数20万回を超える話題となるなど、今最も注目すべき15歳のアーティスト。


https://www.instagram.com/rinne1211/

RELATED 関連記事

FOLLOW US ネットムーバーをフォローする

このサイトが気に入ったならいいね!しよう

Copyright 2016 Netmover