Masaya Takigawa

話題のジェンダーレス男子 “ゆーひ” に直撃 (Part1) 昔から可愛いものが好き! 今のスタイルが作られたきっかけとは?

"ゆーひ" x ネットムーバー インタビュー!

Part1 昔から可愛いものが好き! 今のスタイルが作られたきっかけとは?

以前ネットムーバーでも紹介したゆーひくんに今回は彼に直接話を聞くことに成功。幼少期のエピソードや今のお仕事をするまでの経緯など、"ジェンダーレス"な今のスタイルがどう作られていったのか。インタビューPart1となる今回の記事は、彼のリアルなストーリーをお届けします。

Part2はこちら

Part3はこちら

取材: 上野智子 / 撮影: サントス大田

ゆーひ

"WHO's ゆーひ"
広島県出身。アパレルブランド「MILK BOY」でショップ店員として勤務しながら、読者モデルとしても活動中。
趣味はK-POPと料理。新たなるジェンダーレス男子として今注目を集めている。

昔から"かわいい"に惹かれていました。

ゆーひ

ジェンダーレス男子と呼ばれていますが、今のスタイルになったきっかけは?

これがきっかけなのかわからないんですけど・・・小学生の頃かな? 
僕双子の兄がいるんですけど、兄は本当にザ・男の子な遊びばかりしていたんです。
カードゲームで言ったら"ムシキング"とか(笑) 。
でも僕は女の子を着せ替えする"ラブ&ベリー"っていうゲームにすごくハマったんです。
小学生の作品とか見ても、昔から結構洋服を書いていたりすることも多くて。
ちょっとひねくれ者だったので(笑)男の子がピンクを使わないとか、青を選ばないといけない、みたいなのが嫌いなんです。

自分から反感を買うというか、いじめられてもおかしくないような選択をしてきましたね。
そもそも持ち物にしてもディズニーだったり可愛いものが好きなんです。
まわりの影響、というよりかは本当に心から可愛いものが好きで、それを取り入れていって今に至ります。

あとは千葉雄大さんのことが好きだったんです!
最近だと、こんどうようぢさんだったりとか、いいな、素敵だなって思って。真似してみたりとかしてきました。

なるほど。千葉雄大さんをはじめとする憧れの方々のことは、どうやって知ったのでしょう?

SNSがメインですね。あとは雑誌。今はもう無いですが "CHOKI CHOKI GIRLS" choki_girlsとかで見てて。
女友達が多かったので小学校の頃から"ピチレモン"を読んでたんです。
橋本甜歌ちゃんtenchim_1119が好きだったなぁ。彼女の影響はあったかもしれないですね。

小さい頃から情報収集が得意だったんですね。

まわりの友達の影響が一番大きいですけどね。そういうものが身近にあった、ということがそういった情報収集に繋がったんじゃないかなって思います。

広島から上京して読者モデルとしてのキャリアをスタートさせたんですよね。もともとモデルのお仕事を意識していたんでしょうか?

ずっとアパレル販売のお仕事をバイトでしていたので、なんとなくそういうお仕事を身近に感じていましたし、意識もしていました。

アパレルで販売をされていたんですね。先ほど小さい頃からお洋服に興味があったと伺いました。そういった時期からファッションのお仕事は目標にしていたんですか?

小さい頃はこれが夢!ファッションの仕事を絶対にしたい!とかでは無かったんです(笑)。
でも、今思えばそうだったのかもしれないですね。

"MILK BOY"の知られざる魅力

ゆーひ

MILK BOY milkboyharajukuで働く、というのも自然な流れだったんでしょうか?

上京するときの理由が、ブランドで働きたいっていうことだったんです。
そのときはなにも知らなかったんですが漠然とそういう考えで動いていて。
そうしたら、たまたま東京の知り合いの方がMILK BOYで働いてて、声をかけて頂いて採用してもらったっていうだけなんです(笑)。
ただ洋服は好きだったんですけど、今まですごくお店に通っていたっていうわけでもなくて。

MILK BOYの雰囲気にぴったりなので、そういったいきさつは意外です。

嬉しいです(笑)。でもちょっと合わせていった部分もあります。
お店には入ってからはブランドに合うように試行錯誤してスタイルを作ってきました。

働き始めてからの特別なエピソードはありますか?

僕MILK BOYって目立った洋服しか知らなかったんですよ。くまのモチーフのものとか(笑)。
そういうイメージしか無かったんですが、いざ入ってみると結構王子様っぽいものだったりとか、こんなのメンズであるんだ!? っていうアイテムとかあったりして。

働いていると、だんだんお客さんと同じ格好をしているのが嫌になってきたのもあるかな?
同等に見られるというか。もともと最年少で働いてきたのでやっぱり年下に見られたくない(笑)。
でも大人っぽく出来る顔でも無いから、服装は普通よりちょっと派手にした方が店員さんっぽいのかなって。
それが今普通になってきたっていうのはありますね。着る服エピソードになってしまいましたが(笑)。

情報を集めるより、今は発信する方が楽しい

ゆーひ

Instagramにもファッションの投稿が多く見られますが、こだわりは?

メンズっぽい服を載せないことですかね。着ることはあるんですがUPはしないようにしてます。
あえて幼くしてるというか(笑)

Instagramを拝見すると淡いカラーというかペールトーンというか、色合いが統一されていますよね。

そうですね、意識しています。作り込む、というよりはそういう自分でいる方が合うかなって思うんです。
普段もそんなに黒っぽい服着ないので。あ、今日は若干黒いけど(笑)

SNSにUPするのはファッションがメイン?

SNSでこれを載せる!って特に決めているわけではなくて、日常の結構目立った部分しか載せていません。料理を作ったら料理載せるし、出かけたらそこの何かを紹介することもあります。ただ、ためになることを載せたいって気持ちがあるので、自分がよく行くお店でも店名をしっかり載せたり、洋服にしても顔だけじゃなくてブランド名やお店の名前をいれたりしています。

情報として発信することを意識されているんですね。

そうですね。結構自分が他の方のインスタを見ている中で、この情報ほしいのになって思うことが多くて。だけど有名な方ってコメントしても返ってこないじゃないですか(笑)情報はなるべく書くようにしています。

ファッションに続いて、ゆーひさんといえば料理。女の子たち参考にしたいんじゃないかなって思うんですが、おすすめしたいインスタジェニックな料理ってありますか?

なんだろう(笑)あ、でもインスタうけするものを載せるようにはしていますね。簡単だけど見た目が可愛い、みたいな。僕も、作るならそういうものの方が好きですし。Twitterに上げることも結構多いんですが、SNSで反応がいいのはデザートとかかな? 見た目が可愛いスイーツは女子力も感じますよね。

デザート!早速作ります(笑)得意な料理はありますか?

和食かな? 父と母が料理人だったんですよ。だからずっと手伝っていたんです。あとは、祖父母が厳しかったから家のご飯はほとんど和食。ほんと、昔の家みたいな感じです(笑)よく和食を食べてたこともあって、自然に作れるようになりましたね。

小さい頃から料理することも多かったんですか?

そうですね、お手伝いはしてました。母が仕事の関係で夜出かけることも多くて、そうなると子供たちだけになったりとか。兄弟の中で料理するの僕くらいなので(笑)作ったりしていました。弟とも年齢が離れていたので、食べさせなきゃいけないですしね。でも楽しくやってました。

料理するのは苦じゃなかったんですね。

昔から好きですね。ほんと、今となっては趣味です(笑)


幼少期からのエピソードをお聴きして芯の強さを感じた今回のインタビュー。甘いルックスとのギャップがまた魅力的です。
小さい頃からやるのが当たり前で、好きになった料理も今のスタイルを作るベースのひとつ。

Part2はさらに掘り下げて、自身の趣味をしっかり語ってもらいます!


お楽しみに!

ゆーひ

ゆーひ
広島県出身、アパレルブランド「MILK BOY」にてショップ店員として勤務しながら読者モデルの活動中。趣味はK-POPと料理。新たなるジェンダーレス男子として注目を集めている。

https://twitter.com/pokkun06

https://www.instagram.com/pokkun06/

RELATED 関連記事

FOLLOW US ネットムーバーをフォローする

このサイトが気に入ったならいいね!しよう

Copyright 2016 Netmover